製造所・工場:
A、K、B:水戸工場(茨城県小美玉市野田)、筑波工場(茨城県小美玉市小岩戸)、茨城工場(協力工場:茨城県):
T:東北工場(宮城県加美町):
I:伊勢工場(三重県):
N:岡山工場(岡山県吉備中央町):
S:九州工場(佐賀県千代田町):
E:東北工場(宮城県加美町):
L:鬼怒川工場(栃木県真岡市):
H:札幌工場(協力工場:夕張郡由仁町)
※北海道で流通している納豆はほとんど札幌工場産
Lから始まる11ケタ:鬼怒川(栃木)

原材料:

A,kに関しては、地下70~100㍍から地下水を汲み上げて
使用。ろ過はRO 方式ではなく、除鉄、除マンガンを主とした方式。
B は水道水を使用。自治体の規準に従っているので、
放射線の検査はしていないとのこと。


情報更新日:2012/10/26