長野県は28日、

小海町と南牧村の山林で採った野生キノコ「ショウゲンジ」(小海町)と

「ハナイグチ」(南牧村)から、食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を

超す129~187ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。